2010年05月24日

<カンボジア女性>来日30余年、苦難越え活動 晩さん会に(毎日新聞)

 国賓として来日したシハモニ・カンボジア国王歓迎の晩さん会が17日夜、皇居・宮殿で開かれる。母国のために「草の根」で支援活動している女性、ペン・セタリンさん(55)も招かれ、出席する。36年前に来日。その後の政変で帰国できなくなり、家族6人が殺されたり、消息がいまだに行方不明という悲痛な体験をしたが、持ち前の明るい笑顔と性格で在日カンボジア人ネットワークの中心的存在だ。民間交流の様子などを両陛下に知ってもらいたいと楽しみにしている。

 セタリンさんは74年に国費留学生として来日した。翌75年にポル・ポト政権が誕生。自国民の虐殺、内戦など母国の混乱は続き、家族も失った。

 その間、東京都町田市でカンボジア料理店「アンコール・トム」を経営しながら、作家として活動。13年前には同国のシアヌーク国王文学賞も受賞した。森鴎外や芥川龍之介などの日本文学を翻訳し、カンボジアの児童・生徒に本を寄贈する活動も続けており、「鴎外の『山椒大夫(さんしょうだゆう)』に描かれている安寿と厨子(ずし)王の苦難の運命は、かつてのカンボジア国民が味わった過酷な時代にも重なり、よく理解してもらえている」と語る。

 晩さん会には、首相はじめ三権の長や閣僚、政官財の代表らが招かれるが、相手国に縁の深い民間人も招待される。その中にはアンコールワット遺跡の保存に尽くしている石沢良昭上智大学長らがいるが、セタリンさんは、在日カンボジア人としては唯一リストアップされた。

 昨年は両国の仏教説話を比較し、「布施の観念」についての論文で文学博士号を取得するなど、多彩な才能を発揮するセタリンさん。20年前に日本国籍を取得したが、晩さん会には、民族衣装で出席するつもりだ。【大久保和夫】

【関連ニュース】
いきものがかり:「真昼の月」が「日本文学シネマ」の主題歌に 吉岡聖恵は初ナレーションも
特集:09年度小学校教科書検定 作家・高村薫氏
松本清張生誕100年:人間と社会の闇を追い続けた執念の作家
閑想閑話:松江城を囲むお堀の西側に記念碑があった… /島根
夏目漱石:「漱石山房の思い出」新宿区が発行−−「三四郎」「こころ」執筆 /東京

政倫審公開「小沢氏の意向で」=鳩山首相(時事通信)
政府方針、28日に決定=「首相発言」で調整―普天間(時事通信)
【お財布術】「アンテナショップ」編 10分で味わえる全国旅行(産経新聞)
<自民党>青木氏の長男後継を河野太郎氏が批判 指摘で撤回(毎日新聞)
皇后さまがご給桑(産経新聞)
posted by ナス エイゾウ at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。